のむらの画像倉庫

はあはあひいひいかいわれ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最下層な俺と美少女と100円砂時計のつづき

「えっ・・・じゃないわよ、過去に行きたいか行きたくないか、どちらかよ。」

少女は、俺の拍子抜けした返事にイラついているようで、まともな返事を催促してきた。

「まぁ、行きたくないなら、君もこの男と同じ用に処分するけどね。あなた、運が悪いの。ううん、最下層の人間なのね、こんなところに遭遇するなんて普通の子は避けていくもの無意識のうちに。」


なぜ、俺が運悪くこんな事件に巻き込まれるのか、そして過去に行くとか意味不明な少女が人を殺しているのか。

状況が飲み込めない、でもここで俺が少女の誘いを断ってしまったら、俺は目の前で血まみれで倒れている男の様になるということだけは、本能的に理解できる。

「さ、最下層って言うのはお、置いといて俺も過去に行きたい。やり直したいことがあるんだ。」

過去に行けるなら過去に行きたい、30分前でいい。

この状況から逃げれるなら、夏休み最初のイベントなんていらない。

いくらでも遊ぶ時間があるんだから。だからもう助けてください。

「あら、飲み込みが早いのね。君の置かれいてる状況を理解できてるじゃない。よく出来ました。じゃあ早速、過去に行きましょ。」

そういって少女は、ワンピースにあるポケットから小さな砂時計を取り出し、反対に向け砂時計の砂が流れ落ち始めた。

それと共に俺の意識は遠のいていく。

「君は、最下層の人間だからこれは必然的なの。だからこの運命からは逃れられない。これから少し、私達の尻拭いに付き合ってもらうわ。俊介・・・。」

この言葉を最後に、俺の意識は途切れた。

彼女が、今日最後に口にした言葉。

この意味を知り、理解するのはもうちょっと過去になるなんて思ってもいなかった。

スポンサーサイト

| 未分類 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最下層な俺と美少女と100円砂時計~ライジング・サンシャイン~

「これから約40日の間、学校は休みとなる。君たちにとっても大事な期間になる。遊びにばかり呆けず来年の受験に備えた行動をとるように。」

面倒くさい担任、笹隠の夏休み前のスピーチは俺たちが遊び呆けることを解っているのか、勉強もしろと釘をさす内容であった。

そんなことをいわれても俺は聞く耳を持たなかった。それよりもこのホームルームが終われば晴れて、夏休みが始まると思うと、頭に浮かぶ夏の妄想が膨らむばかりだった。

「俊介、学校終わったら何人か誘ってカラオケにいかね?」

横の席に座る、小林武が小声で夏休み最初のイベントに俺を誘ってきた。断る理由も無く俺は武の誘いを一つ返事で受けた。

担任の笹隠のスピーチが終わると同時に学校終了のチャイムがなる。一斉に生徒が席から立ち上がり教室を後にする。クラスの生徒も早く夏を満喫したいのか、いつもより帰り足が早いように思えた。

カラオケのメンバー集めは武に任せ、俺は所持金を確かめるために財布を取り出そうとポケットをあさった。

しかし、ポケットをあされど財布は出てこない。朝、家を出るまでに記憶を遡る。うつらに蘇る光景、玄関の下駄箱に財布を置いて靴を履いて、そのまま、行ってきます。

「あ、財布、家に忘れてきたわ。」

俺は思わず財布を忘れたことを口に出してしまった。

「おい、それはないだろお。お前家近いから早く財布とってこいよ。」
武が俺の財布忘れた発言を聞くなり不機嫌そうに反応してきた。学校の近くのカラオケ屋に集まるらしく、幸いにも俺の家は学校から近くの場所にあった。

「とりあえず、財布取ってきたらサンガリスに集合な。」

近所のカラオケ屋に集合と念を押す武に、俺は申し訳ないと思いつつ、自転車に乗り急いで家に財布を取りに行くことにした。

「これはまずいなぁ。ちょっと狭いけど、近道を通るか。」

武たちを待たすわけにもいけないので、俺は近道の人通りの少ない通りを使い家まで向かうことにした。

この道は人が通らず、草木が茂り太陽の光も入らないため暗く薄気味が悪いから、いつもは避けている道だ。

今はそんなことを考えず進むしかない、進むしかない。そう思いながら自転車を走らせていたが、急に悪寒が背中を走った。

その矢先俺の視界に入ったのは、血まみれで倒れている40半ばの年齢だろう男性が地面に倒れていた。自転車を急いで走らせていた俺でも、衝撃と恐怖が同時に頭を駆け巡り、反射的に自転車のブレーキを最大にかけた。

その反動を受け止める力も入らず、自転車から放り投げられた。体の節々に痛みを感じながらも、倒れた体を起こし、今一度目の前に現れた光景が本当だったのか確かめるため顔を上げた。

視界に入ってきたのは、血まみれの男性ではなく、おそらく倒れている男性の血であろう赤い液体が付着したナイフを、片手に持ったワンピースの少女だった。

少女の片手に持たれたナイフはうずうずしくも、男性の血液であろう赤い液体を滴り落とす。

そして狂気の少女が身に纏うかわいらしいワンピースは赤い液体を浴び、真紅に染め上がっていた。

あら・・・人がいたの。」

俺の存在に気づいた少女は、驚きもせず、淡々と俺に近寄ってきた。

「う・・・うわぁ」
少女の服に染みた赤い液体は紛れも無く、血液だ。俺は、恐怖のあまり腰が砕け、地面に尻から崩れ落ち、その場から逃げることも出来ず、ただ少女が俺に近寄るのを待つことしか出来なかった。

「あなた、過去に戻りたい?」

このまま、あの男性と同じように容赦なくあのナイフで切りつけられるとしか考えれなかった俺は、その問いに拍子抜けた返事をしてしまった。

「えっ?」

| 未分類 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大きな買い物するかも

オーナーが生前ほしがっていた車をボクが買います。
僕が買って、君がほしがる
オーナービルドファイターズ

052.jpg

| 未分類 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭に色が付いたよやったねた○ちゃん!

デスガイド2

| 未分類 | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

その真紅に染め上がった服に塗布している液体はまぎれも無く血液だ


赤い液体を浴びた少女の私服は、真紅に染め上がっていた。
「あら・・・人がいたの。」
俺の存在に気づいた少女は、驚きもせず、淡々と俺に近寄ってきた。
「う・・・うわぁ!!!!!!!!」
少女の服に染みた赤い液体は紛れも無く、血液だ。俺は、恐怖のあまり腰が砕け、地面に尻から崩れ落ち、その場から逃げることも出来ず、ただ少女が俺に近寄るのを待つことしか出来なかった。
「あなた、過去に戻りたい?」
このまま、あの男性と同じように容赦なく刃物で切りつけられるとしか考えれなかった俺は、その問いに拍子抜けた返事をしてしまった。
「えっ?」

| 未分類 | 10:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。