のむらの画像倉庫

はあはあひいひいかいわれ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

滝物語り (上)

「なぜ、君と話すことが出来なの。」
「・・・・」
「君のこと、、こんなにも好きなのにどうして。。。」
「・・・・」
「私は君の事が好き、、これからも変わらない。。君はどうなの?・・・」
「・・・・」


滝物語 (上)

俺は奇妙な体験をした。それも夢の中で。

 

 

「あー起きちまった。だりー」

寝起きで視界がはっきりしない目を擦りながら細身の体を起こし、枕元においてある置時計を覗き込む

「え、もう11時かよ。授業も遅刻だな まぁゆっくりしてから大学行くか。」

起きて早々、ダメ人間ぷりを前面に押し出すこの男、タケオ=ナカス 「中須 武夫」

妥協で入学したレベルの低い私立大学に通う大学3回生。今日も親不孝っぷりを発揮する。

「とりあえず小便」

思いつきで放った言葉で行動が起こる。とりあえずトイレに向かう途中、今日見た夢にふと疑問を感じた

「そういえば今日は寝入りが酷かったな。金縛りとかかかっちゃうし何より夢が酷かったな」

タケオは自分の部屋ならば独り言を永遠と喋り続ける癖があり、ぶつぶつと自分の見た夢を考察し始めた。

「うーんと、金縛りからだ!よし思い出すぞいろいろと。」

タケオは思い出すあの夢を鮮明に。

夢を思い出すお(^ω^)

俺は、いつものように就寝しようとベットに横たわり目を閉じた。

だが、なかなか寝付けない。

たびたびこういうことがあるので時間が経てば寝れると思いまぶたを閉じ続けた。

そろそろ眠りに着けるぞと感じた瞬間、金縛りが起こり体がピタリとも動かなくなる。

金縛りにはよくなるので、あまり気にもせず解ける事を待った。

だが、今回の金縛りはいつもとは違う。

。これはダメでしょ!心の中で叫んだ瞬間

聞いたこともない言葉で語りかけてくる女性の声が、頭の中に響いて来た。

俺には何を言っているのかは理解できない。それでも女性は、一方的に語りかけてくる。

俺はその状況に恐怖を感じ、身体を動かそうと必死なった。が、やはり俺の身体はピクリとも動かない。

どう考えても、漫画とかでありがちな展開だろ!と普通は思えるだろう。

でも、恐怖していた俺はそんな当たり前なことすら考えることが出来なかった。

声はまだ響き続ける、これで何事もなく終わればよかったのだが、それだけでは済まなかった。

 

続く 気が向けば。








スポンサーサイト

| 未分類 | 01:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

携帯から失礼します。
ついおもしろくて一気に読んでしまいました。
次回が楽しみです。
ガンダムちょーたのしみ。
僕の体が動けば、、、。

| ウォーナ! | 2009/10/01 14:38 | URL | ≫ EDIT

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
思わず吹いたwwwwwwwwwwwwwwwwww
ガンバレよwwwwwwwwwwwww

| ムク | 2009/10/02 00:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://oogitosiyuki.blog117.fc2.com/tb.php/133-4b0ee442

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。